サービス付き高齢者向け住宅とは

急激な高齢化社会の進展を受け、国土交通省、厚生労働省が所管する「高齢者の居住安定確保に関する法律(高齢者住まい法)」の改正によって創設された制度で、高齢者が安心して暮らすことのできる住まいとして、平成23年10月から「サービス付き高齢者向け住宅」の登録がスタートしました。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準

規模・設備
各専用部分の床面積は、原則25㎡以上
ただし、居間、食堂、台所そのほかの住宅の部分が高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は18 ㎡ 以上
各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること
ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えることにより、各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備または浴室を備えずとも可
バリアフリー構造であること
サービス
ケアの専門家※が少なくとも日中建物に常駐し、状況把握サービスと生活相談サービスを提供する
● 養成研修修了者 ● 社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員 ● 医師 ● 看護師 ● 准看護師 ● 介護福祉士 ● 社会福祉士 ● 介護支援専門員 ※ケアの専門家

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の高齢者、あるいは要介護認定を受けた60歳未満の方を対象にしています。高齢者が住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることを実現する「地域包括ケアシステム」拡充施策の一環であり、高齢者の居住の安定を確保することが目的です。
お一人住まいの高齢者・ご夫婦世帯が安心して居住することができる賃貸住宅であり、一般的な賃貸住宅のように高齢者であることを理由に入居を断られたりすることはなく、契約の更新料もありません。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は、住宅部分については建物賃貸借契約を結びます。多くは敷金が必要ですが、高額な入居一時金は不要です。更新料がなく、居住の権利が保障された上で、サービスは選択制で利用します(住まいとケアの別)。

一方、有料老人ホームの多くは利用権方式を採用。入居の際に一時金を支払うことで、終身にわたり居室と共用施設を利用する権利と、介護や生活支援サービスを受ける権利が保障されるという契約形態です。

自立型サービス付き高齢者向け住宅「Iクレスト辰巳台」

サービス付き高齢者向け住宅には、「一般(自立)型」と「介護型」の二種類があります。
「一般型」は、毎日の生活に不安を覚える自立~軽介護度の方に適しており、介護が必要になった場合、訪問介護など外部の在宅介護サービスを利用します。「介護型」は、厚生労働省の定める「特定施設」の指定を受けている所が、介護が必要になった場合、建物内に常駐するスタッフにより介護サービスや生活支援サポートを行います。

「元気だけど、一人暮らしに不安を感じる…」「やりたいことは、まだまだいっぱいあるけれど」「庭の手入れや階段の上り下りが大変」「身の回りのことは自分でできる。したい!」「安否確認や生活相談ができたら…」。
Iクレスト辰巳台は、生涯現役をサポートする自立型のサービス付き高齢者向け住宅です。暮らしの不安や心配事はあっても、いつまでも自分らしく暮らしたい  そう願っていらっしゃる方のためのお住まいです。

居室に浴室、台所、収納、室内洗濯機置き場、物干し器具の付いたベランダなど、生活するための設備が揃っています。もちろん、外出は自由で、居室には鍵がかかりプライバシーが守られています。日中は医療・介護の有資格者が常駐し、安否確認と生活相談サービスを提供。緊急通報装置で通報した際の到着時間は、約2分です。
ご自宅として自由な生活を楽しむことができる  それが、自立型サービス付き高齢者向け住宅です。

サービス付き高齢者向け住宅を選択する時、<ご自分がどんな生活スタイルを望んでいるのか>を明確にし、選択されることをおすすめします。